サンプルページ

職員を採用する時期は

Posted by on 9月 7th, 2012 in 試験合格 | コメントは受け付けていません。

職員を新たに採用する時期というものは、基本的には年度末である。そこから、仕事をしてもらうということになるのではあるが、特別に臨時ということで時期でもないときに採用ということがある。この採用というのは、職員が産休などの長期休暇や、病気やら、家庭的の何かしらの問題で退職をしなければならなかったときなどにおきることがある。これは、本当に若干名の募集ということになるために、クジに当たるようなものであり、初めから狙っていくようなものではない。職員になるというのは、私が言っているのは小学校や中学校の教師ということで話を進めてきたが、採用するかどうかというのは欠員の補充がメインであって、本当は臨時採用なんてないものと考えたほうがいいと思う。たまたま、お声が掛かって、呼ばれるみたいなものだから、小選挙区で落選したが、比例で復活当選みたいな感じだろうか。たとえはイマイチだったかもしれないが、教師の腕は一流ですと言ってみたいものだ。

公務員の職員採用試験の科目と集まる人材

Posted by on 8月 7th, 2012 in 試験合格 | コメントは受け付けていません。

公務員の職員採用試験をうけたことがある。感想としては、ひとことで言って、本当に難しいということである。私が受けたのは地方上級全国型の行政職である。この行政職というのは試験として2種類、専門試験、と教養試験というものがある。まず専門試験は、憲法、民法、行政法、刑法、労働法、マクロ経済、ミクロ経済、政治学、行政学、経営学といった科目である。まちの行政を担っていく上で最低限の知識となる幅広い領域への見識を問うといったものである。それから教養試験には、判断推理、数的推理、自然科学、社会科学、文章理解、英文解釈これらは基礎学力、思考力をみるもので、その人の問題解決の力を見ることができる試験である。これらの科目に対して対策をし、高得点をあげなければならない。そして現在のような不況時はその難しさがさらにアップする。公務員職員の採用が非常に人気になるからだ。そうなると優秀な人が集まるのだが、本来行政を担うものは優秀な人であるべきであるので、好況時も優秀な人材を集めるべきである。

職員の採用試験の実態

Posted by on 7月 7th, 2012 in 試験合格 | コメントは受け付けていません。

職員の仕事というと、シンプルな内容を思い浮かべるはずだ。そして、その職員の仕事がとても人気を博している。採用試験では、かなり大人数の人が、職員のポストを求めてくる。職員というのは、大学だったり県庁だったりとさまざまであるが、一般企業よりも待遇が良い場合が多いので、就職活動生の格好の餌食となるわけだ。したがって、努力が苦手な人は、職員採用試験に合格するのは難しいとされる。対策としては、パソコンの資格を持っていると良いかもしれない。なぜなら、職員という仕事は、事務職の面もそなえており、パソコンで文章を作成する場合が多いはずだからだ。また、突然の来客に対応することもあると思うので、コミュニケーション検定も持っていると便利かもしれない。どちらにしろ、一番大事なのは、「自分が職員になって何がしたいのか」と「相手が求める人材か」である。特に前者は、ほとんどの人が上手く答えられないはずなので、これを考えることが唯一他人と差別化できるポイントかもしれない。

教員採用試験に向けた努力

Posted by on 6月 7th, 2012 in 試験合格 | コメントは受け付けていません。

教員採用試験は、現在の公務員採用試験と同様に難関である。現在の教員採用試験では基礎学力はもちろんのこと、人物面についても見られる場合が多い。人物ときいたらコネがあると有利というイメージが強いが、その通りといえばその通りだ。具体例だと、学習ボランティアや学習サポーターなどの制度を活用し、学校に入り、少しでも現場について知り、現場についての情報を多く集める。そして採用試験の面接に臨んだ時に面接官との話の中にこれらで得た体験についてを述べる事、それが大切であると聞いた。また面接官は受験者の出身大学などについては知らない状態であり、面接においては熱い志望動機を裏付けるための強く確かな実績というものが必要となっている。また、採用試験に落ちてしまったからと言って、夢が断たれたわけではない。現に教員採用試験に合格する人は多くが既卒者であり講師経験を持つ人間が大半である。現場を知りえた人でないと合格することが難しくなっているという現状にいち早く気が付きアクションを起こすことが大切だ。

採用試験に受かるためには

Posted by on 5月 7th, 2012 in 試験合格 | コメントは受け付けていません。

今から採用試験に受かる確率を上げるための方法を教えます。自分も色々のバイト、試験などおこなってきました。特に注意するべき点は身だしなみだと思います。だからといってバイトの面接などさほど大きな会社、企業ではなければきちんとし清潔感のある洋服で挑めば大丈夫だと思います。自分は逆にスーツで行ってこんなことを言われました。「そんな固くならなくてもいいのにー」っと言われたことがあります。ここは気をつけた方がいいでしょう。
次に面接が始まったらのお話をします。始まったらまず細かいところを注目されやすいのでされそうなとこを注意しつつ挑みましょう。注意すべき点というと、言われるまでドアから動かない、勝手に座らない、キョロキョロしないが代表的だと思います。自己PRもハキハキと明るく言えればバイトなどはだいだい大丈夫だと思います。自分もこの文章に書いたとおりに採用試験に挑んで受かっていますのでもしよければ参考にしてみて下さい。